★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ★「開港阻止・管制塔占拠メンバーのいま」2 | main | ★3・26菱田小跡地の「異様な雰囲気、異様な熱気」 >>

★実力攻撃が必要だったわけ

 ブログを読んでくださるみなみな様には、経験をともにした方も多いかと存じます。
 きっとお顔を存じ上げている方もいらっしゃるでしょう。
 ご挨拶かたがた、歌などひとつ歌うことにいたします。

 ♪はいけい、ごぶさたしましたが、
  ぼくもますます元気です。
  5・8(ゴッパチ)以来、きょうまでの
  赤いメットのタマのあと
  見せてあげたや、おっ母さん
    タカ・タッタッタ〜
 
 はい、原曲は『上海便り』というけしからん歌であります。メロディーはおじさん、おばさん世代ならすぐ口から出てくる、
 ♪親ガメの背中に子ガメを乗せて、子ガメの背中に孫ガメ乗せて〜、
のアレです。

 3・26闘争(管制塔占拠)は一日にしてならず、です。
 思えば、三里塚闘争の現場で、鉄パイプとジュラルミンの盾の戦乱的攻防戦が闘われたは、その一年前からのことでした。これは、それまで飛行機の離着陸を阻んでいた岩山部落の鉄塔二基が、抜き打ちで5月6日に倒されたことに対する反撃戦として行われたものでした。
 もともと開港阻止の闘いは、岩山大鉄塔の防衛戦から始まると考えられていたのです。

 権力は「肩透かし」のつもりだったでしょう。
裁判所が撤去の仮処分決定を不意打ちで出し、夜陰に乗じて機動隊が周囲をかため、抵抗らしい抵抗ができぬようにしたうえで鉄塔を倒したのです。
 理屈はつきます。「反対派の抵抗による混乱、怪我人を避ける」という慈愛に満ちた配慮です。しかし、裁判官さま、公安のみなさま、警察のご同輩、そんなナマ言っちゃいけません。
 反対同盟のじいさんから子どもまで、そんな甘ちゃんではないのです。「あなたがたがそのように育ててくれたではありませんか」と私どもは感じたのでありました。

 かくして、部隊と部隊がぶつかり、石や火炎瓶が乱れ飛びました。1971年の強制収用をめぐる一連の闘い以来、6年ぶりのことだったといっていいと思います。
 このとき、5月8日の空港第5ゲート前で行われた戦闘がもっとも激しいものでした。この過程で坂志岡団結小屋の常駐者、東山薫さんが機動隊員にガス銃で殺されました。

 この日、機動隊が使用したガス銃から撃ち出されたのは、催涙弾だけではありません。機関銃弾のような流線型の強化樹脂製のタマが大量に撃ち込まれたのです。
 催涙弾はそれ自体、化学兵器のようなもので許しがたい治安武器です。しかし撃ち出されてからの軌跡も見えるし、避けることもまぁ可能でした。
 プラスチックの模擬弾はそうはいかない。見えないし、ダメージが大きい。直撃を受けて重傷を負うものが続出しました。東山さんは野戦病院という医療現場にいてノンヘルでした。彼の頭蓋を機動隊は至近から狙って撃ち砕いたのでした。

 空港反対派はこうしてまたむごい犠牲を引き受けました。
 そしてまた、ひきかえに5・8闘争は、現地の闘いの「スタンダード」を手に入れたといえます。その後に向かう意識や闘いの方法を決定付けたのです。政府の側が暴力的に、あるいは詐欺的にことを行おうすることに、その企図を頓挫させる可能性を、現実的に垣間見せてしまったのですから。

 鍵は大衆の結集した力、実力による反撃にありました。その闘いを支える共感のうねりを現地・三里塚へ向かって作り出し、陣形を作り上げることでした。
 陰惨なテロではなく、爆弾のような支持なき先鋭でもなく、一人ひとりが自分の責任で闘いに参加し、自分の意志と身体をそこに賭ける、過激にして愛嬌ある本質的にラジカルな闘いの方法でした。

 3・26闘争を紹介する読み物、紹介文はたくさんあります。第4インター、プロ青同、戦旗派の三派によるゲリラで管制塔占拠という内容です。ある部分は正しい。けれど、はっきり言えばこの内容だけで捉えるのは誤りだと思います。
 ブログの一番最初に掲げたとおり、この勝利は「全人民がともに手を取り合って喜ぶ勝利」であり、少しだけ誇りを込めて言わせてもらうなら、それにふさわしい内容をもった過程を通して準備され、実現されたものでした。
 管制塔に登った連中も、空港内に突入した者たちも、また空港周辺で闘った人たちも、実は、その内実の先端に自分の身を置こうとした、ただそれだけのことでした。

 ♪隣の小屋の戦友は、
  えらい元気な奴でした。
  きのうも敵の放水車、
  進みのっとりまたがって
  コックローチ退治と高笑い
   タカ・タッタッタ〜

 ♪あいつがやれば、ぼくもやる
  みてろ、こんどの決戦に
  タワーをひとつぶんどって
  テレビニュースで見せるから
  まっててください、おっ母さん
   タカ・タッタッタ〜

(注・むろん替え歌の「おっ母さん」とは、第一に反対同盟のおっ母さん達のことであります)
 
remol
1977.5.8岩山大鉄塔破壊抗議 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/7
この記事に対するトラックバック