★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 『戦士』の往路・戻り道 | main | 言うに事欠いて、食うに事欠いて(2) >>

言うに事欠いて、食うに事欠いて(1)

お暑うございます。
この酷暑、応えますなぁ、ご同輩。
頭はぼうっとし、まぶたもトロンとしてきます。

ブログは書かねばならぬとおもいつつ、一方でさぼっているという意識もそれほどないのです。
優先しなければならないお仕事をやりつつ、思いついたときにぼちぼち書くというスタイルです。
このページに向かう回数も増やすように努力いたしますので、お待ちの方、どうかお許しください。

「1978年のこの年は、まれにみる酷暑であった。」
これは、ずいぶん昔に私が制作にかかわった、ある大部な本の、冒頭の一節です。
原稿をみたときに、病者にかぶさってきた酷暑に、「そうだった、確かにそうだった」と思い返したのでした。

千葉刑や東京拘置所の狭いお部屋の中で、汗みどろになった夏でした。
まだ若かったからもったものの、もし、いまの体力で、この暑さをあそこでくらったら、はて、どうなったものやら。

「なかば本気で言う」は、わたくしの場合は「言うに事欠いて」とほぼ同じ意味のことが多く、たくさんの人々に誤解も与えてきた人生でありました(笑)。

しかし例の如くに懲りずに言えば、刑務所は、日本の社会保障の現状では最底辺の「生活保障」「生命維持保障」の施設であるようです。
それは、行って見て、収容されている多くの人々の階層や、そこに来るにいたる事情やを、少し考えてみれば、容易にわかることです。
むろん「同情しろ」と言っているわけでも、「犯罪を許せ」といっているわけではありません。刑務所が負っている機能は、事実としてそうだろうというだけのことで。

この夏、刑務所や拘置所の中で、どれくらいの人々が死んでいるのか。
どのようにして、死んでいるのか。
熱中症らしい症状で収容者が亡くなったというニュースは、もっと注目されなければなりません。
刑務所や拘置所のありさまだけでなく、それは、この日本社会の「社会保障」のレベルも、照射しているのに違いない、と思うのであります。

でもね、
地獄もそういつまでも続きはしないもんです。カタストロフィはあるし、そこからものは劇的に動く。
ゆえに、ただ待つのではなく、自分は自分なりに準備をしなくっちゃ。
夏の暑い日の、定番のお言葉でやらせてもらえれば、

「耐え難きを……耐え、忍び難きを忍び、以て万世の為に太平を開かむと欲す」

悪くねぇじゃねえか。オレは嫌いじゃないと口走ったりするのでありますが、むろん、「言うに事欠いて」とも激しく思うのでもあります。

テレビを見ていたら中村メイコさんが話していた。
悲痛な母、喜色表す父の分裂した有様に、なんのことやら、わからんかったという彼女に
「うん、いいんだよ。きみは今日のこの空が青かったことを覚えていなさい」と父は言ったという。

いいよね、ここからだよね。






- | comments(7) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

1971年の12月末、僕も千葉刑務所の未決監に入れられていました、拘留延長の10日間だけでしたけど・・・・
なんでもあそこは当時網走に次ぐ古さで、レンガ造りの独房でした、冬の寒さはハンパなくビックらこいたのを思い出しました。
あのひとたちは育ちの良い?少年を消耗させようと必死だったんでしょうね。
17歳だった僕は処分保留でした。
「二十歳になったら殺人罪で起訴してあげる」と検事さんに言われたので、ぼくも「革命が成就したら、人民裁判にかけずに縛り首にしてあげる」と言い返しました。
最近3.26の鮮明な映像集のDVDを見せてもらい、歴史的快挙に思いをめぐらせていました。
最近頭の中に、取香のよねばぁちゃんが現れたので、お盆前に東峰の共同墓地にお参りしてきました。
その時にかつての青行の人から、1億カンパ大変だったと聞きました。
第2次代執行では、ばぁちゃんちのバリケード造りを指揮したり、駒井野の地下要塞の土木工事を手伝ったのを思い出しました。
現実には、9.16の直後身動きがとれずにばぁちゃんを守れなかったし、鉄筋コンクリートの地下要塞も、大雨で冠水して、排水が当日に間に合わなかった事なども悔いがのこりました。
30年以上たって、歴史が風化する時に、事実を(差しさわりの無い範囲)で伝えていく事は大事だとおもいます。
またおじゃまします。
少年A | 2010/08/17 7:09 PM

「作業ぉーやめぇー」

六工担当が、担当台に掛かってる寒暖計を確認して声を張り上げた。

甲府盆地にある刑務所では、鉄板屋根の工場内が40度を越すと、懲役を中断した。

熱の作用による暴動を恐れての措置で、ひと夏に何度かあったと記憶する。

大型扇風機の音だけの工場で、囚人たちはそれぞれの想いに耽った。

「そおかぁ 九ちゃんは鉄格子の遥か向こうの山に墜ちた飛行機に乗ってたかあぁ・・・」


もうひとつ対策があった。

入浴のない熱い日には、終業時に工場に設置された地下水シャワーを浴び、舎房に帰されるのでした。


なーに

慣れりゃ寝苦しい夏の独房も、うちわ一本で乗り切れるもんです。


ミスターX | 2010/08/18 8:15 PM
また秋田行ってきたのだけれども、アイスキャンディ買った村の万屋で小学生が言ってた。
「今年のオニヤンマは飛ぶのえらぐおせーんでらぐにとれんだ」。とんぼもまいる酷暑・・・らしい。
somebin | 2010/08/24 9:05 PM
少年Aさま

私の大先輩でいらっしゃいますね。
千葉刑はほんに様子のいい刑務所でした。
私たちの頃は、狭山事件の石川さんがいらしたのでした。

あの1枚板の独房扉、小さな、ビニールが張ってあった窓。
そうそう、貝塚渋六と名乗った明治の社会主義者もおいでになりました。

青行の方、どの方の発言か、おおむねお顔も浮かびまするし、その苦労も……。ありがたいことでした。

昔の少年にも、また、なつかしい話でもお伺いしたく存じまする。
remol | 2010/08/25 11:45 PM
ミスターXどの

ますます老いて盛んじゃのぅ。その意気やよし。
こっちはヘロヘロだぜ。

78年の夏、わたくしは初めて首にあせもというやつを作って、まぁ、シッカロール(テンカフンという呼び方がいいよね)なんぞで真っ白にされていた。

カレンダーって思うんだけどね、権力者というやつは、時間を支配する人たちであって、ゆえに、あんまり懲役のことなぞ考えんから、「お盆の休み」ってのが、ムショにはない。いちばん、必要なのにね。いまは少しはちがうのだろうか。

おれも最近、扇子を持って歩いていて、電車の中で扇いでいると、人がよってこない。
短髪、扇に日の丸が付いているのが効いているらしい。
ムショの匂いもまだするんかしら(笑)
remol | 2010/08/25 11:54 PM
somebinさん

いいね、ガキどものせりふ。よう自分たちの「世界」がわかっている。
今年の釣果はいかがでしたかね。これだけあついと、あのアブの大発生、雉撃ちにおけるキトウがランチュウ事件を思い出します。

や〜んま、と〜まれ、屁ひってかますっど
remol | 2010/08/25 11:59 PM
大先輩なんてトンでもです、たったの10日じゃ体験入所みたいなもんです。
管制塔戦士の闘いとその後には本当にリスペクトしています。
あの日の報道では心の底から「やったぜ、ザマーミロ」と思いました。
昔我が団結小屋では日ごろから5分の麦飯食って消耗に備えていましたが、「クサイ飯」って良く言ったもんだと思った記憶があります。「カクメイカの学校である」なんて本気で信じていた純情少年でしたから、「やっといっぱしの仲間入りか」と思っていましたが、9.16当日に大清水〜駒井野で捕まった同級生達は、練馬の鑑別所で卓球をして反省文を書いて御仕舞いだったそうです(笑)
石川さんといえば、私の担当検事が、原という石川さんを起訴した極悪冤罪検事で、1000人でも全員「殺人罪」で共謀共同正犯であげてやるといきまいていたので。「反革命は、人民裁判ではひきずり回された挙句に縛られて、アイスピックで一人ひと刺しとかされちゃいますよ」とおどかしていました。
また楽しい話楽しみにしています、どこかでお会いできると光栄です。
少年A | 2010/08/26 3:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/54
この記事に対するトラックバック