★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< さくら、さくら、散らであれかし、桜花 | main | 「ミスターX」 はパックであった! >>

3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (15)

憲法記念日だそうです。
テレビで流れるニュースには、「憲法記念日」はトップにはこないのですね。
いつの頃からか、たぶんもう何十年も前から、憲法擁護派はこなたで集会、改憲派はあなたで集会、と決まりきった報道だけが、どちらも情けなく熱気の感じられない映像とともになされるだけです。

(改憲)国民投票法の関係で、今年は、自民党の(かつての)偉いさんより、ちと気になる発言が改憲派集会でなされたようでありました。しかし、一方で、沖縄の人々は、基地問題で本当に身に迫る思いで、この日を感じているのではないか、と思えるのでした。

沖縄の人々の「平和主義」は、何度も自分の中で、問い返してはその意味を考えてしまいます。
先日、新聞記者の友人と酒を飲みつつ、ある放言をやっていました。
彼もまた、軍事を考えつつ「改憲派」として、放言をしていたのでありましたが。

「昔っから、どうもわからん言い草があってさ、『今日の平和と繁栄は戦争で死んでいった人のおかげだ』ってやつさ。どうにも気色悪い、嘘っぽさを感じていたんだけどね。でも、こないだ天啓があって、俺は思ってしまった、ありゃ正しいね。

日本軍の兵隊を捕虜にすると、昨日の敵軍にへらへら追従して、これがあのバンザイ玉砕突撃やら、特攻をやっていた連中なのか、とアメリカ兵が戸惑ったという証言が出てくる。

アメリカの戦争直後の日本に対する感じ方は、とてもまともな人間のやることとは思えぬ日本人の戦争の仕方に、とにかく半永久的に武装解除をしてしまわなきゃ、ということだったんだろう。そういう意味では、平和憲法は死者たちが戦いとった唯一無二の『戦果』なんだよ」

なにも管制塔占拠闘争をこれにアナロジーするのではないのですが、ケンカするには、ある徹底性は必要なのだろうとは思います。
むろん、まともな戦略と柔軟な戦術により、落とし所もきちんと見据えてやる、ということなのですが。
悲惨で不正義の、先の大戦とは、俺らのやったことは、けっして同じものではありませんでした。

3・26当日、管制室から中川は、カッパに地下足袋、金星付きの赤いヘルメットにサングラスをかけて、群がるヘリに向かってVサインをかざしていたのでした。
新聞はこの写真を掲げて「ミスターX」と名付け、身元を割り出すために「困ったもんだ」のキャンペーンをはりました。
本人はちっとも悪気はないし、ちとサービスしてやったくらいの話でしょう。

管制室のテレビに映るおのれの姿や、群がるヘリになけなしの自己顕示欲を刺激されて、こんなあられもないカッコをしている頃、管制塔の真下まで押し寄せた8ゲート部隊は、機動隊と肉弾戦をやっていました。
管制塔の上にまで、その音が登ってきていたのです。パイプが盾にぶつかる音、機動隊がコンクリートを盾で打つ、乾いた軽い音……。なんだか不思議な感覚でした。

その眼下の激闘を眺めおろしながら、「もう、こういう闘いは二度とない(できない)」と、つぶやいたメンバーもいたのです。
彼我の力量、カネ、メンバーの犠牲の数を思えば、この感覚の方が現実的なのでしょう。
ゆえになおさら、無理をしてでも追撃戦は、この数日・数週間・数カ月のうちになされなければならなかったのでしたが、果たせなかったのでしょう。

この日を回想する機動隊のお兄さんが、8ゲート部隊を褒めていました。
「向かってくる連中の目がキラキラと輝いて、どうしてこいつらは、こんなに懸命にできるのだろうかと思ってしまった」と。
「常識をはずれた徹底的な抗戦」は、その後、長い間、成田を政治的に規定する力関係をつくったのでした。
1978.3.26管制塔占拠 | comments(9) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

やあぁ

あの時は・・・

心底

もう死んでもいい!

と、思ったねぇ

あの時の解放感を越えるのは腹上死しかないだろ?

が、糖尿病じゃどうにもならん!


ミスターX | 2010/05/05 7:22 AM
こらこら、何を言うちょる。
この「ミスターX」はホンモノなんだろうか?(笑)

ほんとにこれも不思議なもんで、あの瞬間を涙流して解放感に浸ったという奴と、「あっさりやっちまったなぁ」という、かなりクールなのと、管制塔メンバーには両方いたんだよね。

糖尿か、ほんにそんなのもリアリティが迫る歳になってしまいましたね。お互いに。


甘露とておしっこ飲むまい尚武の日 (remol)

remol | 2010/05/06 6:36 PM

馬鹿と煙りは、おだてりゃ何処までも登ってしまうもんです。

調子こいて駄作句?を


菊芋が血管掃除 なわけない

リアップのミノキシジルで毛ふさふさ

土日だけ懐痛む馬糞症


ミスターX | 2010/05/06 10:59 PM
間違いない。本物だわ、この「ミスターX]は(笑)。


柳揺れて菊花の契りの破獄かな

水野より負けてなるかと退却戦

スカラベの徒労を飲み込む馬糞かな

       

remol | 2010/05/06 11:59 PM

ホンマモンと認められ、気を良くし・・・

更に駄作句?をこれでもかと


多摩川の春の匂いは洗濯粉

参道の欅芽吹いて駒競べ








ミスターX | 2010/05/07 5:59 AM
おいおい。タワーアタッカー漫才コンビ炸裂なのかあ

ならば、おいらも駄作句を一発…やっぱ無理だな。

05’タワーアタッカー1番セカンドでした。
堺 | 2010/05/08 12:28 AM

風潮・風土に逃げてはいかんのう。

ミスターX遺影の中でVサイン


明日死んだら、辞世の句として、弔辞で発表して下され。

「軽薄だけが取り柄の男の・・・」

そうかぁ?

軽薄な役者絵一枚遺せおり


お後がよろしいようで。


ミスターX | 2010/05/08 5:30 AM
みなさん、銀河英雄伝説に出てくる「ビュコック」爺さんのような生き方を全うしようとしていますね〜(笑

なんのこっちゃ。
http://www.kiraku.tv/category/29406/movie/2/v2036162R2zWcFdc

>調子こいて駄作句…

…出てこない
イレギュラーず | 2010/05/11 1:49 AM
ちょっと旅をしていた隙に、盛り上がってるわ。防人の島に「醜の御楯」に行ってたんです。
ほんにあそこも「指呼の見立て」なんちゅうダジャレが合う。観光客の7割が韓国からとか。大陸由来のネコさんにもお目もじして、いろいろ面白かった。

対馬ウマ府中の春を夢に見て

さはされど耕し砲挽く対馬ウマ

トスパスまぐれアタックサインはV

あったり前田のクラッシュどん!

軽薄の友誼も遺影までじゃけん

remol | 2010/05/11 4:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/50
この記事に対するトラックバック