★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (14) | main | 3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (15) >>

さくら、さくら、散らであれかし、桜花

千鳥が縁の桜はまだ咲いております。
去年の今頃、桜の咲く頃には、かならず思い出す人ができてしまった……、と思った通り、去年と同じ場所で夜桜を見ておりました。

電話でミツトシ君に「いい天気だねぇ」といえば、彼もすぐに意を察し、夕刻、千鳥が縁の「無名戦士の墓」の入り口にいらっしゃった。
昨年、いっしょにいた旧・結書房のO君は、なんだか●●関係の会議があるとかで、こられませんでした。

靖国の満開の花の下、英霊たちと呑めや歌えや、のお楽しみ。
そんなわが人民にとけ込まずして、会議とは。
いけませんね、こういうことでは、●●派に未来はないよ(笑)。
(って、よく知らぬ政治グループまで、こんなこと言ってると、管制塔グループの評価をさげちまう)。

ミツトシ君は言います。
「この間、谷中墓地で花見をしたのさ。Sさんというすっかり原田に心酔していた人がいてね。
千根津あたりをぐるりと回って、ここで原田さんがどうした、こうしたって……」
で、わたくし
「そっか、もう、原田君を偲ぶ花見はやっちゃったわけね。心酔かぁ…、原田君の名前で思わず笑っちゃうこちとらのギャップというかさ、評価の違いってどこからでてくるんだろうね(笑)」

前年の5・8で逮捕されたけれど、保釈されていた原田君が、3・26の現場にはおいでにならなかったそうで、その訳を、また、おもしろおかしく悪友どもが語りつぎます。
親しみと悪意をたっぷりこめて。
その訳、いえいえ、これも私の口からはとても話せません。

今年の桜は、私たちの青年時代に咲いていた時期に咲いた、と思うのはわたしだけでしょうか。
かつて、さくらは、入学式あたりのものでありました。
さくらをテーマにする歌は、森山なんとか太郎さんのお歌のように、卒業ソングではなかったのです。

さくらは、3・26ではなく、4月になって、あちこちの留置所から移送されて、肩に花びらを散らしながら、赤煉瓦をくぐるのにふさわしいものだったのです。
祝・ご入学!

古来、桜は生命力の象徴でした。
けっして、「ぱっと散り、潔い」と無理無体に美化される花ではありません。
死者が蘇って命を謳歌するために咲く花、それがわたしの解釈です。
さはさりながら、どうせ私もミツトシ君も原田君も、軽薄のそしりを免れず。

散らであれかし桜花 散れかし口と花心

う〜ん、やっぱり閑吟集の歌でも、もひとつのほうが俺らにはふさわしいか。
エネルギーにはいろんな出方があるわいな。

なにせうぞ くすんで一期は夢よ ただ狂へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/49
この記事に対するトラックバック