★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< はじまりはじまり | main | ★「開港阻止・管制塔占拠メンバーのいま」 >>

★1978年3月「澄み切った青い空が広がっていた」

  30年前、小さな政治党派の週刊機関紙に、こんな書き出しで始まる「声明」が載りました。
 
 日本人民のみなさん。

 いま北総の緑の大地には、春の暖かな微風が吹きわたり、澄み切った青い空が広がっています。四月二日から飛ぶはずだったジェット機は、影も見せていません。(略)
 これほど、すばらしいことがあるでしょうか。日本人民のたたかいの歴史のなかで、これほど見事な勝利があったでしょうか。
 皆さん、ともに肩を抱き、腕を取り合って、この勝利を喜び合いたいと思います。
 
 当時の福田政権の「成田空港・年度内開港」は、管制塔占拠という劇的な闘いで打ち砕かれました。
 あれから30年。ただ一本の暫定滑走路で開港した成田空港は、相変わらず地元農家の怨嗟と、利用者の不満の声に取り巻かれたまま、歴史を刻んでいます。
 一方、政府は、空港建設のあり方について自らに非があったことを、たとえ口先だけであろうと公式に認めました。
 
 暴力的に反人民的な巨大事業を行う権力に、全国の労働者や学生が力を寄せ合って、実力で跳ね返すのは「理の当然」のことでした。
 考えても見てください。その闘いの勝利なしに、政府がそれまで見向きもしなかった「農民との話し合い」や「自らの非」について、口にする事態がおこったでしょうか。
 30年前の3月26日に空港内に突入し、管制塔を占拠した反対派は、一気に成田空港を廃港にまで持ち込むには、確かに力が足りませんでした。しかし、開港阻止闘争の勝利の記憶は、政府の側が無理無体で暴力的な「解決」に踏み切ろうとする試みを、押しとどめてきたといえます。
 現地で暮らし続ける農家があり、それに心を寄せる人々が存在する限り、反対派農家を意向を無視して強権的に空港を造ろうとすれば「また、管制塔に赤旗が翻るぞ」という権力者の怯えは去るわけがないのです。
 
 このブログは、1978年3月26日に管制塔を占拠した者や、同じく当日のたたかいに参加した者が、そのときの経験と意味を考えてみるためのものです。
 30周年記念出版の証言集『1978・3・26 NARITA』(結書房刊)の内容を追いながら、進めるつもりです。「春の暖かな微風が吹きわたり、澄み切った青い空」を見てしまったものたちとともに、よかったところも足りなかったところも、読者のみなさんが教訓を汲み取ってくだされば、と思います。

remol
三里塚の戦いって? | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/4
この記事に対するトラックバック