★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (1) | main | 3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (3) >>

3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利! (2)

3・26闘争は「空港・突入・占拠」と、前年の夏から合言葉にしてきた方針の具体的な実践でした。
このスローガン自体、はじめは「空港・占拠」だったと思います。いつのまにやら、戦闘意欲にあふれすぎている活動家達が「突入」をくっつけてしまったものだったと記憶します。

この日、大まかにいえば、空港に対して3ヵ所から突入し、管制塔を占拠して機器を破壊、開港を不可能にする、という戦術です。
おバカさんの警備陣は、2月要塞戦で翻弄されたために、またもや横堀要塞に鉄塔が立ち上がり、赤い旗やら「いまぞ起て、減反に苦しむ百姓も大義を樹てる春がきた!」なんていうカッコいいコピーの横断幕でが飾られたために、頭に血が上って、精鋭部隊を派遣してしまっていました。
こんな思惑以上の好条件のもと、空港周囲での遊撃戦も行われ、相手戦力を分断して、突入・占拠戦が行われることになったのです。

この日の闘いの構造は、やはりプランナーだった和多田に語ってもらうのが一番。

*3・26当日の部隊配置*(『1978・3・26 NARITA』)
 私は、「空港包囲・突入・占拠」の戦術的な指導をおこなったわけですが、その第一が、菱田小学校跡地から出発して丹波山を通り第8ゲートにむかう大衆部隊。第二に、それとは別に、午後1時に第9ゲートを突破して空港管理ビルにむかう、トラック2台の陽動部隊。これは、管理ビル周辺にまだ残っている機動隊を外におびき出し、管理ビルの近くをぐるぐる回りながら火炎瓶を投げたりして、トラックに引きつけるという役割でした。
 このふたつの作戦を展開しながら、地下からの部隊が午後1時に地上に飛び出して、管制塔への突入、占拠をめざす、ということになっていました。

 当日は午前9時から、菱田小学校跡地で闘争の前段集会が開始されました。1000人〜1500人規模の集会でした。なぜ、そこで全体集会を持ったかというと、空港中枢の管理ビルにむけて部隊を出発させるためには、第3ゲートに近い三里塚第一公園で開かれる集会からではルート的に遠すぎるということ、また、そこからでは、警備側主力部隊の阻止線を突破することは無理と考えたからです。そういうことで、菱田小学校跡地で集会をおこなって、8ゲート部隊はそこから直接空港へ突入していくという作戦でした。

 その前夜には、管制塔を襲撃する部隊を送り出しました。深夜、下水道のマンホールから潜入し、当日午後1時ちょうどに、管理ビルから直線距離にして100メートルくらい離れたところの集水口から出て、管制塔を襲撃する部隊は、22名による編成でした。この作戦を可能にするためには、管理ビル周辺の警備が手薄になった無防備な空白状況をつくらないかぎり、突入は難しいと考えて、そこからすべての作戦を立てたわけです。

*陽動作戦* 
 警備状況については、すべてわかってました。彼らの警備の最重点は3・30開港当日だったので、3月26日の三里塚集会は、反対派にとっては大きな集会ではあるけれども、それは簡単に封じこめられる、と。散発的なゲリラは3月30日の開港当日にかけて、周辺でおこなわれるだろうが、これも個別に対応すればよい、と考えていたようです。
 それで私たちは、この年の2月に要塞戦があった横堀に、もう一度、要塞を修復して鉄塔を建てれば、警備側は必ずその撤去のためにやって来るだろうという予測を立てました。
 
 3・26の前日、ある新聞記者から、千葉県警上層部のなかで開港までの警備方針について意見のちがいが出ている、と聞きました。それによると、県警本部は「横堀要塞に鉄塔が建てられたならば、その撤去をふくめて、そこに主力を投入すべきだ」と主張し、三井脩参事官を中心とする警備本部は「三里塚第一公園の集会を封じこめることに全力を投入すべき」という意見にわかれている、と。これを聞いて、しめたと思いましたね。それで、鉄塔を建てれば必ず来るという予測のもとに、25日の夜、横堀要塞に鉄塔を建てました。(『1978・3・26 NARITA』より)

remol





1978.3.26管制塔占拠 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/32
この記事に対するトラックバック