★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 要塞に鉄塔が建った! | main | 横堀要塞40時間の激闘(2) >>

横堀要塞40時間の激闘(1)

2月横堀要塞戦の戦端が切って落とされたのは、6日、まだ明け切らぬときでした。
2月4日夜、要塞の3,4階部分に相当する部分にビル用鉄骨が組み上げられ、日をまたいだ午前1時頃、その上に一気に20mの鉄塔が立ち上げられたのでした。

反対同盟の「やる!」の決定が3日。むろん、今度は岩山大鉄塔撤去のような闇討ちは、けっしてさせない、ケンカの準備をして臨むということでした。
もちろん、機動隊がこなければ、すぐには戦闘にはならない。しかし、来れば直ちに、徹底抗戦に入る、ということです。

公団・機動隊からは「航空法違反」の警告が繰り返し行われていました。あれから30年以上たっても計画通りに完成しない滑走路の、事業認定から漏らしていたアプローチ・エリアの「航空法違反」です。2月1日の「警告」では、「高さ9mを越えれば、航空法違反となる」という、あきれかえった理屈でありました。

建設できなかった30年間には、時効という法の原則にも思い切って目をつぶるサービスをしてやるとして、それにしてもあの時点で9mの高さ制限とは、これいかに。
彼らの本音は、「こんなコンクリートのどデカイ箱を完成させてしまったら、この先も撤去できなくなる」であったでしょう。

反対派は「やっちゃうもんね」でしたから、3,4階部分の鉄材ががっしりと組まれた時点ですでに12m、「航空法違反」ということになりました。
この鉄骨を枠にして、コンクリートを打設されたら、ほんとに彼らにとって、えらいことになるのでありました。

5日、午後1時すぎ、大量の警備車両と機動隊を引き連れて、公団が「警告」にやってきたのでした。係官の緊張して上ずる声、えらく具体的な細かい条項。形だけの「警告」とは明らかに違っていたそうです。
夜、あちこちから機動隊の動きが急と知らせが入るようになります。大掛かりな動員では、高速道路を走るカマボコ(機動隊バス)の数や、緊張感は隠しようもないし、公団周辺で取材している新聞記者は受ける印象がいつもと違ってくるものです。

鉄塔が立とうが立つまいが、機動隊はこの要塞に手をつけにくるという決意と方針をもっている、ということがはっきりしたということです。
「明日、来る」の情報は、徹夜続きの建設隊員を色めきたたせ、必死に作業を急がせます。この時点では、もう要塞完成ではなく、戦闘準備に入るしかない。
反対同盟が篭城の人選に入り、大量の戦闘ブツが運び込まれます。

6日、4時半、反対同盟の緊急動員の通知。5時過ぎ、要塞外周の支援をする労働者や学生が労農合宿所あたりに結集して、部隊が編成されていきます。

6時前、横堀街道(横堀と菱田を結ぶ村の動脈)で、最初の戦闘が開始されます。いろいろ勇ましいことが言われるのは世の常でありますが、ま、小手調べ。要塞が最後の戦闘準備に入る時間を稼ぎながら、機動隊に少しでも打撃を与えるということです。

もちろん、朝焼けの中で、別の赤い色と黒い煙が、この街道を包んだのでした。

remol
1978.2.6二月要塞戦 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

毎回楽しみにしています。
当時を知るものとしてひとこと。要塞の第一予定地であった横堀団結小屋は横風用滑走路予定地でしたが、建設された横堀要塞は平行滑走路のアプローチエリアですよね。
2月の北総台地は底冷えのなか、開港阻止決戦の火柱が燃え上がりました。
紅★房総族 | 2009/02/11 12:11 AM
>毎回楽しみにしています。

ありがとうございます。
もっと頻繁に書くべきなのですが、なかなかご要望に応えられずに、もうしわけないっす。
なるだけ長く続けるつもりなので、飽きずに付き合ってください。

remol | 2009/02/13 3:17 PM
>当時を知るものとしてひとこと。要塞の第一予定地であった横堀団結小屋は横風用滑走路予定地でした

ずいぶん掘った後の「転戦」でした。

その後の要塞建設では,ルート66の元?現役?メンバーであった鉄筋工のイケメン兄ちゃんが,さわやかな笑顔で仕事に励んでいたのでしたね〜

それと…中核の現地常駐メンバーと一緒にモッコをかついだことがあるけれど,すぐ,タバコに入った。
イレギュラーず | 2009/02/14 7:56 PM
いらっしゃいませ〜
お待ち申し上げておりました(笑)。

ほんとにいろんな人たちにお世話になりましたね。ああいうときに、スキルをもっている人は頼りになる。
要塞建設隊の学生さんたちも、いつのまにかいっちょまえの土木建築屋になったりしましたもんね。

「農民はすぐ追い出さないと、タバコになってしまうだよ。とにかく間を与えずに、すぐ動くようにしないといけない」と、昔、加瀬勉さんが話してくれたことがありました。

その中核さんは、すっかり農民化していたのかもしれません。どっちかというと、俺もその「同志」(笑)
ごめんしてくんなさい。
remol | 2009/02/15 7:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/20
この記事に対するトラックバック