★俺たち、タワー・アタッカー!!★

成田空港・管制塔占拠をめぐる物語
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
| main | 本 >>

プロローグ

1978年3月26日、日曜日。快晴。
千葉県千葉市貝塚にある通称貝塚マンションは静かな朝を迎えた。かがむようにして小さな窓から空を見上げた。現場の仲間達に思いを馳せながら、朝のオツトメを。
朝食を済ませると、机に向かって読書しながら、考えていた。「さあて、どうしたもんかいな。」

やがて、昼に。日曜の午後はマンション唯一の娯楽、ラジオ放送が流れる。のど自慢やら歌謡曲やらを聞くとは無しに聴いていると。。。

「ここで、臨時ニュースです。開港を間近に控えた新東京国際空港にゲリラが突入し。。ブツっ」
隣りの部屋もそのまた隣りの部屋も、ピーンと張り詰め、静かになった気がした。
少しの間、放送が止まり、再開された。しばらくするとまた
「臨時ニュースです。成田空港の管制塔にゲリラが突にy。。。ブツ」
ニュースが終わると放送を再開。
「管制塔に赤はt。。。ブツ」
・・・

こうして、規定の時間まで放送は続き、ニュースが入る度に、一瞬のタイムラグを置いて切られるという状態が続いた。そのおかげで現場の状況をリアルタイムに、かつほぼ正確に知ることができた。

だが。今こそ、告白せねばならない。

あの日、
管制塔突入部隊の諸君が駆け上がっているその時、空港占拠部隊が白兵戦を演じているその時に
千葉拘置所の独房で。俺達は、俺達二月要塞死守隊は、自分の知る限り誰一人として戦ってはいなかった。

だって、ヘタにシュプレヒコールなんかあげて、懲罰房なんぞに持ってかれたら
ラジオが聞けないじゃん。

肘をついて、お茶をすすって。時折覗き込む看守と目が合ったりして。
『なんだよ、今日はずいぶん静かじゃないか』
『うるせぇな、いい子にしてんだから文句はねぇべ』無言で会話したりして。

ただ、夕方、看守がいなくなった隙に、誰かが吹く「赤旗の歌」の口笛が流れただけである。

注)二月要塞戦 横風用滑走路予定地の延長線上の横堀に建設した要塞の屋上に1978年2月5日鉄塔を建てたことから突如衝突となった攻防戦。1978年2月6〜7日にかけて戦われた。
6日早朝からはじまり、その日の夜要塞部分は制圧されたが、鉄塔部分にいた4名は翌7日まで残り、強烈な寒さの中、機動隊の浴びせる放水に耐えて、遂に制圧されることはなかった。
三里塚芝山連合空港反対同盟の撤収命令により撤収した。
その後、鉄塔は破壊されたが封鎖されることはなく、建設が続けられ、3月26日には再び鉄塔が建てられ攻防戦が行われた。トップの写真左は3月要塞戦時のもの。
自分は6日夜組だったが、寒かったな〜
元 成田2039記

1978.2.6二月要塞戦 | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こら、日和見主義者め。
いい天気だったものねぇ。ははは。

で、俺、当日にパクられて、5・20再開港のときには千葉拘置所でハンストしたんよ。
そしたら看守がドアに「飯スト中」って書いていた。

感心したなぁ。
remol | 2008/11/26 5:48 PM
すんまへん。すんませんでしたぁ(汗)

イチオーその後のいくつかの戦いで懲罰房を体験したらしいっすよ2039氏も。

それにしても、ドアに書かれているのは気がつかなかったなあ
| 2008/11/28 11:47 AM
某所では別名だが、このほうが早い。


「シュプレヒコール!!管制塔占拠闘争に連帯して闘うぞ!」

かくして、新舎から4舎へ(推薦トイレから桶へ)

隣の房は千葉の2・5のY氏
2045 | 2008/12/03 11:01 PM
2045様

偉かったね〜

これで一人は参加者がいたんですねぇ。良かったよかった

あたしゃまた全滅かと。。。
下原智英 | 2008/12/04 9:01 PM
>偉かったね〜

誉め言葉ととっておこう。それと、全公判日程は皆勤賞でした。

あの当時の千葉地裁公判での「上映会」、(オープンリールのような)Video機が、わらわれが如何に犯罪的だったかを再現するたびに、われわれ被告は身を乗り出し、「異議なし!」の声で応える。しかも力強く。そうしてわれわれの正義の闘いを再度確認する。
2045 | 2008/12/04 10:10 PM
>>俺達二月要塞死守隊は、自分の知る限り誰一人として>>戦ってはいなかった。

俺は戦ったぞ!
確か巨人戦のラジオ中継が流れているとき空港突入の臨時ニュースが流れ、、途中でブツっと切れたが。
その後シュプレヒコールを連呼してたら、警備隊が3人房に入ってきてちょっと殴られ、そのまま桶便器の房に連れていかれた記憶がかすかに残っている。
近くの房でY氏も暴れてたな!
成田2006号(横堀消防団) | 2008/12/05 4:11 AM
その朝の千葉刑の懲罰房の建屋では、刑務官の方たちが詰め掛けていて、緊張しましたね。あちこちで、シュプレヒコールの声がし、刑務官が制圧する。見えないだけに、緊張しましたね。制圧が無理と判断した刑務官は、シュプレヒコールをした房を白墨で、×をつけて、その回数を数えていました。でも、移送反対でも同じようなことやっていたから、懲罰房の諸君たちの記憶も定かではないかもしれない。
| 2010/05/12 12:49 PM
下原様、おや?と思って「世界革命縮刷版」第6集を引っ張り出してみた。

いるではありませんか!「鑑賞者と対峙関係はらむ絵画を」(1978.7.3)の投稿。ご一緒に千葉別荘に滞在していたんですね〜
イレギュラーず | 2010/05/13 12:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narita1978.jugem.jp/trackback/1
この記事に対するトラックバック